作業員

フン被害の多い鳩に対してしっかりとした対策をするには

鳩を知る

住宅

いまや、憎まれる存在となってしまった鳩ですが、対策をすべき鳩のことをもっとよく理解すると、対策の仕方や心構えも変わってくるのかもしれません。都市にいるのは、ドバトという品種です。

もっと知ろう

フン被害

男性

鳩の被害といえば、多くは、フンによるもの。鳩は、自分のフンのあるところは安全だと思う習性があり、追い払う対策をしないと居座り続けます。それどころか、どんどん増えていくかも。

もっと知ろう

業者対応

困っている男女

鳩の対策グッズはたくさん売られていますが、個人でするには限界があるよう。ネットをかけても隙間から器用に入ってきます。また、高所や狭所であれば、人間が行くことも難しそう。

もっと知ろう

平和の象徴?

鳥

白い鳩は、平和の象徴として大切にされるのですが、一般に「鳩」というと、フンを連想し、何か対策を・・・と考える鳥になるようです。ベランダ、車・・・自分たちが所有しているところへの鳩のフンの攻撃は、とても私たちを悩ませます。公共の場所であっても、鳩がたくさん集まっているところには、だいたい、白いフンでいっぱいになっているのを見かけることもあり、とても気分のいいもの、とは思えませんよね。
鳩のフンは、ベランダに干している洗濯ものなどを汚してしまうばかりでなく、実はとても有毒であることも指摘されています。鳩のフンから、アレルギー症状が出たり、髄膜炎という病気を引き起こしたりすることもあり、免疫力の弱った人がこれらの病気にかかると、死に至ることだってあるほど、とても恐ろしい、用心しないといけないものでもあります。
車を外に停めて、ちょっと出かけている間に、べっとりとフンをつけられることも。用事を済ませて戻ってきたとき、それを見たらため息しかでてきません。このように、鳩に対して、平和の象徴云々よりも、悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
鳩には、鳩対策が必要です。特にベランダで洗濯ものを干している人たちは、自衛や業者も含めて、いろいろと対策しているようです。ホームセンターでも、対策グッズは売られているようですね。こうして何かしらの対策をしないと、鳩は居座り続けるでしょう。鳩は、自分のフンがあるところを安全な場所だと思うようです。もしかすると、鳩の数がどんどん増えて、被害が大きくなっていくかもしれません。