業者対応|フン被害の多い鳩に対してしっかりとした対策をするには
作業員

フン被害の多い鳩に対してしっかりとした対策をするには

業者対応

困っている男女

やっぱり安心だから

鳩対策は個人で対策するとなったらCDをつるして光の反射で威嚇したり、カラスの置物を置いて怖がらせてみたり、剣山を置く、という方法もよくネットなどで紹介されています。さらには、ネットを張ってみる、という方法も。CDをつるしたりカラスの置物を置いたりするのは、初期の頃には有効だそうです。でもいったんその時期を過ぎると、鳩はまた安心して戻ってくるようになるのだそう。剣山の置き方もちゃんとした方法があり、ただ置いただけであれば全く効果のないことも。
ネットは、キチンと隙間なくはらないといけないし、隙間が少しでもあればそこから入ってくるよう。ネットの中は、鳩にとってとても安全な場所となるので、巣をつくられます。また、マンションなどであれば、管理組合からネットを使わないように言われることもあります。フン被害だけでなく、朝晩の泣き声、どれだけ掃除や対策をしても、チョコンと屋根に鳩がいたり、同じ場所にフンをされていたり。精神的にもつらくなってきますね。
それ以外にも、素人の人間がなかなか行けない屋根の上や、屋根とソーラーパネルの間、ひさしなどは、実は、鳩が最も好む場所となり、対策がしにくい場所でもあります。
なので、やはり鳩対策には、専門の業者に依頼することが有効なのです。少しお金はかかりますが、業者しかできない電気ショックなどの対策も含めて選択肢は多くなり、確実に鳩被害に対処できそうです。これまでにいくつも実績のある業者ならば、確実性も増し、安心感が広がります。