作業員

フン被害の多い鳩に対してしっかりとした対策をするには

フン被害

男性

学習能力がある

鳩の被害といえば、フンによるものを多くの人は思い浮かべるでしょう。鳩のフンを見たことのない人は、いないですよね。あの、白い、まだしたてホヤホヤのときには、べっとりとしたなんともいえない、ため息しかでないものです。いったん、フンをされたら、もうそれは掃除などで対策するしかありません。フンをそのままにしておくと、余計に新たにやられます。鳩というのは学習能力があり、なんらかの対策がされないとここは安全な場所だと思いこむようです。
フン被害で一番多いのは、洗濯ものや車など、自分の所有物を汚されることですね。工場や会社などでは、商品が汚されるといった被害もあります。その多くは、高所だったり、ベランダのひさしなどの人間がなかなかいけないところだったりするから、対策が難しいのも事実です。また、美観にも影響します。
また、鳩のフンによって、アレルギーやなんらかの感染症などの原因となることがあります。ある病気は、致死率が10%を超えているなど、たかが鳩のフンだといってあなどれないことが分かります。病気になれば、もちろん医療で対策をしていかないといけないですが、そもそも、鳩のフンは怖いものなのだ、という意識をもっておくことが最大の対策ともなりそうです。
さらに、鳩のフンで、金属が腐食するとも言われています。だからこそ、車の上にフンを落とされるのは避けたいものです。もちろん、すぐに洗い流せば大丈夫です。フンをつけたまま放置し続ける人もあまりいないでしょうし、雨が降ったら流せるかもしれません。でも、気持ちは悪いですね。